短期留学レポート~【後編】ドイツ・シャルケ、ボルシアMG観戦編~

《氏名》 堀口大輝
《年齢》 22歳(大学4年生)
《渡航先》 ドイツ
《滞在期間》 1か月

僕の勤め先は商社なのですが、将来的にサッカーの仕事へ就きたいと考えている為、
就職前にどうしてもヨーロッパで本場の雰囲気を味わいたいと思っていました。
そしてこのプログラムに応募し、将来に役立つ様々な経験をさせてもらいました。
まず、自分自身ドイツ8部のクラブで練習参加させてもらい、W杯優勝国の神髄を肌で感じ、サッカーが各地域に文化として根付いていると実感させられました。
また、オランダリーグのクラブを視察させてもらい、他の観戦ツアー等では入れないような所まで見ることができ、クラブの内側を学ぶことができました。
もちろん、ドイツブンデスリーガを何試合も観戦し、興奮した映像は今でも鮮明に思い出せます。
なにより、印象に残った体験はプロを目指す選手達と一緒に生活できたことです。
同世代の日本人達が夢に向かって努力する姿を共に生活し、まざまざと見せつけられました。
それは、サッカーとか関係なく、誰にとっても勉強になる非常に有意義な時間でした。
短い期間でしたが、一生の仲間になったと思います。
社会人生活の中でも有給休暇を取得し、是非また海外に行きたいと思っています。

《日程詳細》
15日目:自主トレ、アカデミー指導
朝はプロを目指している日本人選手達と自主トレを行い、午後はアカデミー指導のアシスタント。ここのスクールでは人間的な成長をメインに考えている。例えば「練習してる人の前を通らない」「自分で蹴ったボールは自分で拾う」など、当たり前のことができる大人にさせることがコンセプト。ドイツにはあまりないタイプのスクールで、差別化されて良いなと感じた。

16日目:ボルシアMG練習見学、社会人チーム練習参加
ボルシアMGのトップチームの練習見学を観に行ったがGKしかいなかった。初めてキーパートレーニングをしっかり見たが、メニューはフィールドプレーヤーと同じようにテーマがあってとても勉強になった。そして夜はビュットゲンのチームに練習参加し、ゲーム形式。くさびとロングパスをもっとメリハリつけて出すように指摘されたので、改善を図ろうと思う。

17日目:自主トレ、ブンデスリーガ2部「フォルトナ・デュッセルドルフ」試合観戦
朝はプロを目指している日本人選手達と自主トレ。鳥かごはずっと鬼になってしまう程の実力差でとても悔しかった。午後からは現在2部で4位につけるフォルトナの試合を観戦。ただ個人技術もグループ戦術も4日前に観戦し1部の試合とは大違い。これでは昇格してもすぐに戻ってしまうだろう。1部と2部で実力差が開いているのがドイツの問題点なのでは。

18日目:自主トレ、社会人チーム練習参加
もう何度も実施している日本人選手達との自主トレ。自分からしたら自主トレと言っても本当にレベルの高い選手達と一緒なので、疲労度合いもすごい。上を目指す人は短い時間でも集中し、プレー以外の面でも高い意識で生活するんだと感心させられたのと同時に、この人たちにはドイツ、欧州で絶対に成功してほしいと思った。

19日目:自主トレ、社会人チーム試合観戦
朝の自主トレでは必ず行う鳥かご。今まで何度も行ったメニューだが、ドイツへ来て確実にレベルアップしたと思う。取りどころを決めて奪いきるプレーは試合でも役立つだろう。そして、午後は5部所属カペーレンの試合観戦。10番の圧倒的スキルで相手を圧倒していた。5部だとまだ1人の差で結果に反映されるらしい。彼は近い内にブンデスで見れるのでは。

20日目:鍋パーティー
サッカーからは1日離れて、短期留学の集大成として一緒に宿泊している日本人選手、自分と同じ短期留学生、コーディネーター、現地外国人で食事。朝から自分たちで食材仕入れから食器準備、調理、まで修学旅行のように皆で楽しみながら行った。僅か3週間だが、ここで出会った仲間とはかけがえのない関係性を築けた。旅の何よりの思い出となった。

21日目:アカデミー指導
午後までゆっくりして、夕方はアカデミーのアシスタント。このスクールは毎回コーチが異なる為に練習メニューのバリエーションも豊富。今日のテーマは「腕を使えているか」ドイツ人の小学生は身体の使い方が上手い。だからドリブルスキルは高くなくてもDFを抜いていける。夜はドイツのラーメンを食したが、日本の倍以上の値段の割に美味しくなかった。

22日目:留学生見送り、自主トレ
日本から来た短期留学生が先に帰国するので、一緒に宿泊している他のメンバーと見送りがてら食事と買い物へ。出会ってたかだか数週間の仲だが、別れの時は涙が出そうになった。日本で絶対また再会しようと約束した。夜はいつものメンバーで自主トレ。リフティングなど得意なメニューだったので、自分が一番だった。初めて自主トレで優越感に浸れた。

23日目:シャルケ練習見学、ベルリン観光
シャルケの練習を見学。人数はあまり参加しておらず残念な結果になると思ったが、この人数だからこそドラクスラー選手のタッチを間近でずっと見れたので、満足感が高かった。そもそもシャルケは公開練習が少ない。それでも内田選手目当ての日本人女性がいたのはビックリ。夕方からはベルリンへ。大聖堂や壁を見学し、通常とは違った過ごし方だった。

24日目:コーディネーター・コーチたちと食事、社会人チーム練習参加
今回ドイツでお世話になった方々にランチをご馳走になる。そこでサッカー業界で生きていく為に必要なことを教わる。何をやるしにしても、情報・人脈・マッチング能力が必要。なにより人柄の良さ。そこを意識して生活していこうと思った。リンクスでの練習最終日。ドイツサッカーを体験できなくなると思うと寂しい気持ちになるが、またいつか来ようと誓った。

25日目:日本へ移動
正直日本に帰りたくない。まだまだドイツで色々なことを学びたい。これが本音だ。サッカーのスキル、考え方、ビジネスの実情、同志と呼べる仲間たちとの出会い。どこを切り取っても実りある1か月だった。これで変わらなければ意味がない。帰国したらドンドン成長していこう。飛行機の中ではそんなことばかり考えていた。

0f91181c-3961-44f6-bbf2-0dd0bd752ca4

マガジントップへ戻る